ロサンゼルスの不妊クリニック

CFG は1987年にドクターマイケルバーメッシュによって「USC生殖医療グループ」として設立されました。1990年にエンシノに移転し「生殖医療不妊治療センター」に名称を変更しました。名称変更後、目覚ましい成功率を達成し続け、西海岸でトップレベルの生殖医療センターとしての名声を得ています。1996に当センターは再び施設を拡大し現在のターザーナの住所に移転しました。まれにみる成功率と最も困難な事例も扱うことで、サンフェルナンド・バレーで最大の生殖医療センターに成長し、国内外と広範囲に及ぶ患者の家族を持ちたいという夢に応えてきました。2009年5月にはオフィスを全面改装し、完璧に近代化した施設に生まれ変わりました。現在のオフィスはリラックス空間とプロの技術、完璧なサポート体制を統合して医療を行う場所になっています。

当センターは、常に最先端のメディカルケア環境でそれぞれのカップルを個別にサポートする哲学に忠実です。医師たちはそれぞれのカップルの立場に立った充分なサポート体制で最高級の評価、診断、治療を行います。

所属団体

生殖医療不妊治療センターでは以下の団体と協力して生殖医療の発展をサポートします

米国不妊治療腹腔鏡術者協会 (AAGL) は女性の健康と内視鏡手術の改善とその研究に焦点を当てたNPO。1971年に設立された当協会は低侵襲不妊治療手術の分野での医者と外科医の教育に力を注いで来ました。

米国産科婦人科学会 (ACOG) — は女性の健康と内視鏡手術の改善とその研究に焦点を当てたNPO。1971年に設立された当協会は低侵襲不妊治療手術の分野での医者と外科医の教育に力を注いで来ました。

米国医師会 (AMA) – 1847年に設立されたAMAは米国で最も歴史ある医療協会です。全ての医師のための国立の専門家組織の一つとしてAMAは患者や国民の健康にとって重要な問題に申し立てを行い、医療ガイドライン作成をサポートします。

米国生殖医療協会 (ASRM) は生殖医療と生殖生物学の知識と技能を促進するための組織で有志のNPOです。会員は医療泉温化としての高い倫理原則を持ち、生殖医療と生物学への強い関心を示し、協会の目的に忠実でなければなりません。

アメリカ疾病予防管理センタ (CDC)- リプロダクティブヘルス(性と生殖に関する健康)は生殖医療の最新動向に関するニュースと情報の宝庫です。リプロダクティブヘルス分野ではCDCは全国の登録不妊クリニックからの年次妊娠成功率を公表しています。リプロダクティブヘルスはCDCの多くのプロジェクトが力を入れている問題のため、このサイトでは多くのプログラムからの情報をリプロダクティブヘルス部門に限定せずに取り上げています。

米国病理学会は病理学の有資格者による団体で、患者、病理学者、そして社会に対して病理学と医学検査の実施への関心を高めていくものです。

太平洋岸生殖医療協会は、生殖医療専門家の継続教育(CME)に深く根差した有志によるNPOです。

RESOLVE: 全国不妊協会は1974年にバーバラ・エック・メニングによって設立されたNPOで不妊を経験している人にタイムリーで思いやりのあるサポートと情報を提供し、公共教育や支援運動を通じて不妊問題への認知度を高めます。

生殖内分泌学と不妊のための協会 (SREI) は、生殖内分泌学と不妊専門分野の拡大、影響、関心を促進するための協会です。この分野での基礎研究や臨床研究の新しいイニシアティブをサポートし育成します。